1. 沖縄県豊見城市 めがね先生の整体院 HOME
  2. 身体の痛みの解消
  3. 顎関節症

歯医者で歯を削ってしまう前に

顎の痛み・顎関節症で、お悩みの方は、歯医者で歯を削ってしまう前に、ぜひ一度当院へお越しください。

顎関節症の症状が消えていない不安定な状態のままで、むし歯治療や入れ歯治療などのかみ合わせを作る治療を行ってしまうと、その位置でかみ続けることが苦痛になり、結局はまた治療をやり直すことになることもあります。

こんな経験はありませんか?

  • ご飯を食べるときにあごが痛い
  • 大きく口を開けることができない
  • 口を開けるとガクンとあごに音がして痛い
  • 耳の横の筋肉が痛い気がし、たまに激痛がある
  • あごを触ると痛みや違和感がある

顎関節症は、若い女性を中心に増加しているあごのトラブルです。成人で4~5cm開くことができれば正常ですが、開口障害の場合約3cm以下とかなり開きにくくなります。

顎関節症の原因

  • あごや噛み合わせのことが気になって筋肉が緊張し、関節雑音や痛みのために心身症的な症状を合併するタイプ
  • あごの関節が捻挫を起こすタイプ
  • あごの関節円盤の位置がずれて、クッションの役目をはたさなくなるタイプ
  • 関節円盤やあごの骨がすり減って変形し、すべりが悪くなるタイプ

人間は緊張したい困ったことがあったりすると、顔がこわばったり、思わず奥歯を噛み締めたりします。急激なショックではなくても、ストレスがずっと続くと、あごを動かす筋肉は緊張の連続のため、スムーズな動きが出来なくなります。するとあごに負担がかかって関節円盤がずれることがあるのです。

※ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。

顎関節症が悪化すると

首コリ、肩こりがひどくなる

顎についている筋肉に痛みが生じたり緊張してきますと首や背中の筋肉にも緊張が起こってきます。その結果、首コリ、肩こり、時には首や肩などに痛みを生じてくることもあります。

頭痛、めまい

こめかみや後頭部に痛みが生じやすく、また物をかむときによく使う側頭筋の筋肉も緊張して頭痛が起きてきます。他にも首の筋肉が緊張し、めまいが生じてくることもあります。

歯が削れていきます

歯が削れたり、ある日突然割れてしまったりと、歯の磨耗・破損を引き起こします。その結果、二次的に知覚過敏・歯周病・虫歯なども起こします。放っておくと、ひどい場合は小さく歯がすり減ってしまったり、突然歯が割れたりして激痛を引き起こすことも有ります。

※ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。

フェイスラインのバランスが悪くなる

顎関節症の人は右か左どちらか片方で噛む傾向が強く、咬筋(ほほの筋肉)側頭筋(こめかみから耳の上の筋肉)にかたよりが生じてきてこめかみから顎にかけてのフェイスラインが崩れてきます。

咬合異常は,頭頸部筋群のバランスを崩すのみならず,全身のバランスにも大きく影響し,体幹の不正,肩,腕,腰などの疼痛および運動障害などが惹起されるとする報告もみられる(中略) 咬合異常に起因する異常としては,めまい,視覚障害,嘔吐感,鼻閉感,呼吸困難などが報告されている

咬合異常の診療ガイドライン - 日本補綴歯科学会(PDFファイル)

病院や接骨院の対処療法で大丈夫?

顎関節症は一般的に手術をしない保存的療法です。病院や一般的な接骨院に行きますとあなたはこんな治療をされませんでしたか?

  • 薬やシップの処方
  • マウスピース
  • 電気療法
  • 注射
  • ひどい方は手術

などの対処療法がほとんどです。

ただこの対処ではなかなか改善しないというのが現状ではないでしょうか?

顎関節症になる原因は顎関節だけではないからです。咬筋(ほほの筋肉)、側頭筋、首の筋肉、更には腰や足の骨まで対処をしていかないとなかなかよくなりません。

初期治療として咬合調整は行わないこと

虫歯を削るときなどに使われる、歯科医用の電動ドリルのイラスト

一般社団法人日本顎関節学会は顎関節症患者において、症状改善を目的とした咬合調整は行わないことを推奨しています。咬合調整(歯を削って行うかみ合わせの調整)は、一度削ると元に戻すことが困難です(天然の歯の場合は、元に戻りません)。

歯科医療分野においては、この疾患の症状改善や治療法をうたって、十分な説明なく咬み合わせを修正する治療など、症状を悪化させるリスクのある治療が行われる傾向があります。また歯の修復・補綴・矯正治療などをきっかけとして、顎関節症の症状が生じることがあります。

一般社団法人日本顎関節学会 :顎関節症患者のための初期治療ガイドライン(PDFファイル)

歯を削ってしまう前にぜひ当院へお越しください。

当院は「優しい整体」をします

ボキボキしない痛みのない整体であなたのあごの痛みを改善します

当院の施術は無理にボキボキ鳴らすようなことはしません。正しい関節の位置に、指でグッと誘導することはありますが、痛みが強くないかどうか毎回確認をしながら行います。

Point

ちょっとした痛みなら、一回の整体で良くなる場合もありますが、基本的に「顎関節症」や「あごの左右差」の改善には、一年以上かかることも珍しくありません。その間、普段の姿勢や噛み方のクセなどに四六時中気を配る必要があります。それが出来ない方は、当院の整体では改善は難しいです。また骨自体の形を変えることも不可能です。

原因をしっかり検査してから整体を行います

顎関節症だからと言ってあごだけを治療すればいいのでしょうか?もちろん顎を中心に治療することはとても大切なことです。ただし、あごだけの治療ではすぐに再発してしまう話をよく聞きます。

あなたの顎関節症はなぜ起こったのでしょうか?単なるあごの炎症から起こる痛みなのでしょうか?頭皮や首の状態は?カラダの軸は傾いていないか?など様々な方向から検査をしてから整体を行っていきます。

再発予防のアドバイスを致します

当院の顎関節症整体をやっていきますと、あなたの顎関節症は徐々にではありますが、改善していきます。しかし改善されたからといって、今後顎関節症に悩まされないかというとそうではありません。日ごろの習慣が現在の顎関節症になってしまったのです。ですので日常生活も見直す必要があります。

施術で調整したポイントをもとに生活習慣などのアドバイスをおこなっていくなど、アフターフォローにも力を入れています。