1. 沖縄県豊見城市 めがね先生の整体院 HOME
  2. 身体の痛みの解消
  3. 腰痛

国家資格者による腰痛整体

こんなお悩みはありませんか?

  • 前かがみになると腰が痛い
  • 朝起き上がる時に痛い
  • 座っていて立ち上がる時に痛い
  • 腰から太もも、足のほうまでしびれ、痛みがある
  • 整骨院で電気やマッサージをしたけどなかなか良くならない
  • ぎっくり腰を繰り返す

根本的に腰痛を改善するためには、何が原因の腰痛なのかをはっきりさせる必要があります。まず病院の診断を受け、エックス線やMRIなどの検査によって大きな問題とわかってから当院にお越しください。

私は長年整形外科で働いていたため、「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰痛すべり症」「脊柱管狭窄症」などのリハビリも行っていましたので、その時の画像をカメラで撮った写真などでもあればより安全で効果のでる施術が可能になります。

腰痛の原因の80%は運動不足

腰痛の女性

腰には上半身の体重がずっしりと乗っかっています。その重力はというと、一説には体重の2~3倍、ときには4~5倍ともいわれています。つまり、体重50kgの方なら、100kg以上の重力が腰にかかるわけです。

腰痛の原因には、骨の異常や内臓疾患、精神的な理由によるものなど根本的な治療を必要とするものもあります。しかし、慢性腰痛の8割方は、運動不足が原因で、腰を守っている筋肉の筋力や 柔軟性の低下によるもです。

なぜそうなるのかというと、加齢とともに筋力や柔軟性が失われてくるのもひとつですが、立ち仕事や座り仕事など同じ姿勢を長時間続けていたり、姿勢が悪かったりすると血の流れが滞って、筋力や柔軟性の低下を招くのです。

運動不足が原因であれば、運動をすれば腰痛を改善したり、予防したりできるという理屈になります。そこで当院では、硬くなっている筋肉と関節を伸ばして、血液の流れをよくするための手技を行い、また弱った筋肉を強化するための運動に適した正しい姿勢に矯正していきます。その上で私がお伝えする腰痛体操を行うことで徐々に腰痛の起きない体に変わっていきます。

当院がお伝えする腰痛体操の効果

腰の動きの回復

慢性の腰痛は、腰が痛いこともあってからだの動きが鈍くなり、腹筋や背筋、お尻の筋肉などが衰え、各関節の動きも悪くなりがちです。ストレッチや筋力強化の体操をしてこれらを改善すると、からだの柔軟性が回復し、また、腹筋などの筋力が鍛えれて、腰の動きが良くなります。

痛みの改善

腰痛体操で繰り返し腰の筋肉を縮めたり、ゆるめたりすることで、血液の循環がよくなるとともに、患部が炎症を起こしている場合は、そこの組織に滞留している体液などもすみやかに排出してくれます。こうした結構改善などにより、腰の痛みが軽くなる効果が期待できます。

姿勢の矯正

腰痛を回復するには、腰椎の前弯が正しいカーブになるように姿勢を矯正することが大切です。腰痛体操で腹筋や背筋、お尻の筋肉やふくらはぎの筋肉などを強くしたり、筋肉や関節を柔軟にすることで、前屈しすぎていた腰椎の前弯が元に戻り、姿勢がおのずと正されます。

※ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。

日常生活における腰への負担の軽減

腰痛体操を続けることで、からだの筋力が強くなり、姿勢も矯正されるために、日常生活でかかってくる腰への負担がずいぶん軽減されます。ただし、長時間椅子に腰かけつづける、また、長時間立ちっぱなしでいるなど、同じ姿勢を長くとり続けるのはいずれにしてもよくありません。

腰痛体操は効かない?

「腰痛体操は効かない」という声を耳にすることがありますが、そういうことをいう方はたいてい、決められたとおりに継続して体操を行っていないか、正しいフォームではない可能性があります。こういった体操やエクササイズは、効果が出て、それが体に定着するまでには、症状にもよるでしょうが、3ヵ月から半年の時間はかかります。

姿勢と腰痛

  • 前傾姿勢でいることが多い
  • 座って足を組む時にいつも同じ足が上にくる
  • カバンは同じ肩にかけている
  • 長時間座りっぱなし
  • 重い荷物を持つことが多い
悪い姿勢

当てはまることが多い方は腰痛になりやすい姿勢になっている可能性があります。

人間の背骨にはゆるやかなS字状の生理的弯曲があります。頸椎ではやや前方へ、胸椎ではゆるやかに後方へ、腰椎ではやや前方へとカーブしています。こうして直立したバランスを保ち、背骨にかかる状態の重さに耐えるようになっているのです。

したがって、この弯曲が増強されたり、あるいは逆に減少したりすると、背骨に無理がかかります。なるべく生理的弯曲を保つのが背骨に優しい姿勢といえます。日常の動作も、少し気をつけるだけで、首や腰にかかる負担を軽く出来ます。

正しい姿勢の基本は立ち姿から

あごを引き、肩の力を自然に抜き、お腹と肛門の筋肉を軽く引き締めながら背筋をすっと伸ばした姿勢が正しい立ち方です。かかとや足先に力を入れず、両足の親指の付け根で体重を支える気持ちで立ちます。

正しい座り方を心掛ける

一般に、腰かけた状態で足の裏全体が床にピッタリとつき、ひざが腰よりやや高くなるくらいが適当な高さだといわれています。

背筋は伸ばし、いくぶん前かがみになるように。そして深くかけすぎるよりも、ひざの裏とシートの端に少し余裕があるほうが、腰がそりすぎるのを防ぐことが出来ます。

正しい姿勢で腰かけていても、長時間同じ姿勢でいると疲れるものです。ときどき交互に足を組むなどして、筋肉の緊張を和らげましょう。

《腰痛になりやすい座り方》

腰痛になりやすい姿勢

腰を痛めない持ち方

物を持ち上げる動作をするときには、面倒でも必ず膝を曲げ、腰を落として、体をものに近づけてから手を添え、持ち上げるようにしましょう。体から離して持とうとすると、テコの原理で腰にかかる重力が大きくなります。

※ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。

不自然な姿勢が長時間続くような環境を改善する

背骨に不自然な姿勢が長く続くのは、最も大きな負担になります。長時間座る椅子、作業する台など、姿勢に影響する日常の生活環境を見直すことも大切です。

長時間過ごすという点では、寝具も要注意です。高すぎる枕、軟らかすぎる敷き布団は、背骨に不自然な姿勢を強いることになり、肩こりや腰痛の原因にもなります。

腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛診療ガイドラインとは、日本整形外科学会と日本腰痛学会が腰痛治療の信頼度を取りまとめた、いわば腰痛診療の手引書のようなものです。

全国の医師はこのガイドラインを参考に診療に当たっています。

腰痛の治療に安静は必要か

Q腰痛の治療に安静は必要か?

安静は必ずしも有効な治療法とはいえない。急性腰痛に対して痛みに応じた活動性維持は、ベッド上安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である。

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛に薬物療法は有効か

Q腰痛に薬物療法は有効か?

(前略)いづれの薬物も短期間の処方に限定した方が安全だろう(中略)慢性腰痛において薬物療法はさまざまな治療法の一環として使用すべきであり、薬物のみに依存した治療は望ましくない。

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛に運動療法は有効か

Q腰痛に運動療法は有効か?

慢性腰痛(3ヵ月以上)に対する有効性には高いエビデンス(科学的根拠)がある

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

腰痛に認知行動療法は有効か

Q腰痛に認知行動療法は有効か?

小冊子などを用いた患者教育は、腰痛の自己管理に有効
認知行動療法は、亜急性または慢性腰痛の治療に有用である

日本整形外科学会/日本腰痛学会 :腰痛診療ガイドライン 2012

※認知行動療法;人間の気分や行動が認知のあり方(ものの考え方や受け取り方)の影響を受けることから認知の偏りを修正し、問題解決を手助けすることによって精神疾患を治療することを目的とした構造化された精神療法。

腰痛診療ガイドライン まとめ

  • 薬物療法は有効だが、それに依存してはいけない。
  • たとえ急性期のぎっくり腰であろうと、ベッド上で安静にしているよりも状態に応じた適度な運動を行うべき。
  • 体だけでなく、精神面(ものの考え方や受け取り方)などの意識の改革も腰痛改善には必要。

ついでに2017年2月、アメリカ内科学会(ACP)から出された腰痛症に対する治療法の選択を補助するガイドラインもご紹介しておきます。

注目すべきなのは薬理学的な療法ではなく、複数の運動療法が推奨されていること。
痛み止めや筋肉弛緩剤といった薬に頼らず、運動療法や行動認知療法による痛みのコントロールが、生活の質や満足度といった観点からも推奨されるということでしょう。

慢性腰痛患者のために、臨床医および患者は、運動、多分野のリハビリ、鍼、マインドフルネスに基づくストレス軽減(中程度の証拠)、太極拳、ヨガ、運動制御訓練、進行性弛緩、筋電図バイオフィードバック、低レベルのレーザー療法、オペラント療法、認知行動療法、または脊椎操作(低品質の証拠)を含む。 (グレード:強い推薦)。

アメリカ内科学会(ACP) :急性、亜急性および慢性腰痛に対する非侵襲的治療法

ぎっくり腰対処法

ぎっくり腰になった直後は、ほぼ動けません。回復に向けた第一歩としてぎっくり腰体操マッケンジー体操というものがあります。この体操をすることでぎっくり腰で担架で運ばれてきた患者さんがその場で歩けるまでに回復することが多々ありました。もちろん痛みがゼロになるわけではないですが、回復に向けた第一歩としてはとても必要な体操です。

一方、腰への負担を減らす体の使い方を身に着ける必要もあります。

腰痛改善のために当院が出来る事

沖縄めがね先生の整体院では、腰痛の改善のために、手技で体を緩め、悪い姿勢を改善し、更に体に悪影響を及ぼす力みの改善のコツを懇切丁寧にお伝えいたします。

point

今ある痛みなどは1回で80%近く改善することもありますが、根本的な痛みの改善には個人差がございますので、施術回数についてはご相談ください。整体で整ったカラダで、ほんの少しの日常生活の改善と、簡単なエクササイズを行うことで、徐々に改善していきます。