沖縄めがね先生の整体院

沖縄県豊見城市めがね先生の整体院では、根本的改善を第一に考えた施術を行っています

肩を揉んでも治らないあなたへ

① こんなお悩み、お持ちではありませんか?

② 常に肩が緊張してる人は要注意

緊張している女性

最新の研究から得られた情報によれば、慢性的な肩こりの特徴が明らかになっています。

安静時や作業時、肩の筋肉が持続的に緊張しており、その結果として血流が悪くなっていることが示唆されています。

この状態は身体にとって健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

肩の筋肉が長時間にわたって緊張していると、血行が悪化し、酸素や栄養の供給が不足することが考えられます。

これにより、痛みや不快感が増加し、肩こりが慢性化する可能性が高まります。

要注意なのは、肩こりが継続的に起きている場合、単なる一時的な疲労ではなく、潜在的な問題が潜んでいる可能性があるということです。

早めの対策や適切なケアが重要です。

③ 肩こりを放置するとどうなるのか?

肩こりを放置すると、様々な問題が生じる可能性があります。

まず、肩こりが続くと頭痛やめまいが起こることがあります。

首や肩の筋肉が緊張することで、血液や酸素の流れが悪くなり、頭痛やめまいが引き起こされる可能性があります。

さらに、肩こりが慢性化すると、集中力や仕事のパフォーマンスが低下する可能性があります。

肩や首の痛みが続くと、日常の動作が制限され、仕事や日常生活に支障をきたすことがあります。

放置すれば、肩こりは次第に慢性的な痛みやこわばりに発展し、最悪の場合、頚椎(首の骨)にも影響を与えることがあります。

これにより、首の動きが制限され、日常生活において大きな不便を感じる可能性があります。

痛みやこりを感じたら、早めに休息やストレッチ、適切な姿勢の確認などを行い、無理なく筋肉を緩めるよう心がけましょう。

④ 当院の肩こり整体は「緩める・バランス・連動性・筋力強化」

肩こりや首の痛みに対する当院のアプローチは、単なる肩の揉みほぐしではなく、「緩める・バランス・連動性・筋力強化」の総合的な手法を提供しています。

肩を揉むだけでは不十分

当院では、肩こりの原因に焦点を当て、ただ揉んで終わるのではなく、患部の根本的な問題にアプローチします。

めがね先生のロゴ

揉みほぐすだけではなく、症状の根源に働きかけることが大切です。

強い刺激で組織を傷つけないように注意

過度な力で揉むことは組織を傷つけ、逆に悪化させる可能性があります。

当院では患部を緩めつつ、お客様の体調や感触に敏感に対応し、安全な施術を心がけています。

全身の筋肉を緩め、血液の循環を促進

肩こりや首の痛みは全身の調和が欠けていることが原因とされることがあります。

施術を通じて全身の筋肉を緩め、血液の循環を促進させることで、局所的な症状の緩和だけでなく、全身の調和を図ります。

骨格のバランスを整え、関節や筋肉の余分な負担を軽減

お客様の骨格や姿勢のバランスが崩れている場合、それが肩こりや首の痛みにつながることがあります。

当院の整体では、骨格のバランスを整え、関節や筋肉にかかる余分な負担を軽減させることを重要視しています。

筋力強化を通じて持続的な改善を目指す

単発の症状緩和だけでなく、持続的な改善を目指すために、筋力強化を取り入れています。

適切な筋力を身につけることで、再発のリスクを低減し、お客様が長期的に快適な生活を送る手助けをしています。

※肩周辺の筋肉の動画です。ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。

⑤ 理想的な通院頻度は?

正しい状態に完全に戻すためには、初めに続けて3~5回(1週間に1回のペース)の施術がおすすめです。

これは、短期間に集中して施術を行うことを指します。

人間の体は本来、正常な状態に戻ろうとする働きがあります。

しかし、歪みや不調が長く続くと、その歪んだ状態が「普通の状態」となり、これを治すには何度かの施術が必要です。

めがね先生のロゴ

整体後も、体が元の状態に戻ろうとすることがあります。

この悪循環を断ち切り、良い状態を定着させるためには、初回から続けて3~5回(1週間に1回のペース)の施術が大切です。

改善が見られた後は、良い状態を維持するために月に1~2回程度のメンテナンス整体にシフトします。

初回施術から時間が空いてしまうと、身体が元の悪い状態に戻る可能性があるため、定期的なケアが重要です。