1. 沖縄県豊見城市 めがね先生の整体院 HOME
  2. 身体の痛みの解消
  3. 四十肩・五十肩

肩の痛み、放置すると後遺症も!

まずは病院の診察を受け、エックス線やMRIなどの検査によって大きな問題がないとわかってから当院にお越しください。ぎっくり腰の直後やそれ以外の痛みの強い時期は、施術をすることで体が緩んで治りを早くする効果はありますが、痛みに関しては逆に強くなったりすることもあるためご遠慮ください。

こんなお悩みはありませんか?

  • 肩が痛くて手が上げられない
  • 突然痛みが起こって腕が回せなくなった
  • 病院で四十肩といわれ、リハビリを受けているが改善するか不安
  • とにかく早く痛みを取りたい

急な肩の激痛に驚いたことはありませんか?40代~60代に多いとされる「四十肩・五十肩」は、腕が上がり難くなるなど日常的にも支障をきたす辛い症状が一般的です。日本では「肩関節周囲炎」と同義語的に解釈されています。初期老化の症状として、半年から1年程で自然に治ると言われますが、放置することで肩が動かなくなるなど後遺症が残ることも!適切な対処で痛みを緩和し、早めに回復できるようにしましょう。

四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩の女性

原因は肩関節を囲む関節包、筋肉などの軟部組織が、老化によって変性し炎症を起こすためです。 痛みが起こり始めた初期のころは、肩周辺の軟部組織が炎症を起こしている最中で、もっとも痛みが強い時期で、「急性期」と呼ばれています。これを過ぎると「慢性期」になり、痛みは軽くなりますが肩や腕の運動制限が強くなり、日常生活に支障をきたします。

急性期と慢性期では治療法が違います

急性期には湿布などで痛みを和らげながら、関節が固まるのを防ぐリハビリを行います。慢性期は、運動療法で、肩の運動制限を緩和する療法を行います。

四十肩・五十肩は、放っておいても自然治癒する場合もありますが、私がこれまで見てきた方の中には、痛みがとれても、肩の軟部組織が癒着して、肩の上げかたが変になっていたり、筋肉がやせ細っていて再度痛めてしまう方が多かったです。

また、治るまでにはかなり長時間かかることも多く、その間、痛みや腕を思い通りに使えない不自由さに耐えなければなりません。なるべく早い時期に専門医に受診して、適切な治療を始め、早く痛みを緩和したり、運動障害を最小限に抑えるようにすれば、日常生活が非常に楽になるはずです。腱板断裂石灰沈着性腱炎などでも似たような症状がでるので鑑別が必要です。

私が行った四十肩・五十肩のリハビリ治療

整形外科勤務時代最も多く治療したものの一つが肩関節周囲炎いわゆる四十肩・五十肩です。私の担当患者さんの約三割は肩関節周囲炎の患者さんでした。しかもほとんどが凍結肩(とうけつかた、英語ではfrozen shoulder/フローズンショルダー)という状態まで移行していました。

凍結肩(frozen shoulder)とは

※ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。<字幕をクリック>

凍結肩はその名の通り肩関節が凍ったように固まっています。ひどくなると90度以上肩が上がらなくなります。なぜ上がらないかというと関節を動かさなかったことにより、肩を上げる筋肉、関節包などが固くなってしまうからです。

※凍結肩にまで移行している患者さんは一般的な整骨院や整形外科ではあまりみられませんが、横浜の整形外科ではリハビリに力を入れていたこともあり多く通われており、沢山の症例経験を積む事ができました。この経験は肩以外の関節のリハビリにも役立っています。

私はエコー診断装置を用い、筋肉の状態を見て確認しながらリハビリを行いました。組織が癒着して関節の動きを妨げている状態を見ていると「この治療には近道がない」と改めて思い知らされます。

そもそも癒着した組織を正常な組織に戻すには、揉んだりさすったりするだけでは足りないのです。治療には少なくとも一年以上はかかります。

しかもその間はこれまでの生活をすべて見直し「動かさなかった場所を、正しく動かす」ためのリハビリも行います。痛みに耐え、必ず治すという強い覚悟が必要になります。

辛いリハビリです。私は患者さんに良くなってもらいたい一心で、よく励ましときに厳しく症状に向きあいリハビリを行いました。

完治までに何年もかかる方もいらっしゃいました。残念ながら完全に元通りにならない方もいらっしゃいました。

それでも、整形外科を卒業される頃にはとても満足げで、うれしそうに、ときに涙されて、日常に戻られました。そんな方々を見て、私は幸せとやりがいを感じました。

また、リハビリを続けられた患者さんへの尊敬と感謝の念を抱きました。これからも患者さんの幸せのお手伝いができたらいいと、強く思いました。

体に不具合があるのはとても辛いことです。改善するには時間もかかります。それでも、どうかあきらめないで欲しいのです。私にそのお手伝いをさせて下さい。

凍結肩患者に対して,スリング,抗炎症剤,ホットパックによる疼痛コントロール後, 1 日 2~3 回の振り子運動と低負荷でのセルフストレッチを行った結果,平均 14 か月 で可動域が改善し,痛みを伴わずに日常生活が可能となった

モビライゼーションやストレッチングによる疼痛閾値以上の伸張を行う集中的な理学 療法よりも,疼痛のない範囲で自動運動を行わせた方が可動域や Constant score の有 意な改善がみられた

肩関節周囲炎 - 日本理学療法士協会(PDFファイル)

四十肩・五十肩の手術「関節鏡視下受動術」

薬物療法やリハビリを行ってもなかなか症状が緩和しない場合は、手術が行われます。四十肩・五十肩の手術で一般的なのは「関節鏡視下受動術」です。

この手術は、肩の拘縮(関節が縮んで、肩の動きが悪くなった状態)に対して行います。全身麻酔をかけ、患部に小さく穴を開け関節鏡を挿入します。モニターで患部の状態を確認しながら癒着を剥離したり、靭帯を切断したりして痛みを緩和させ、動きをよくする手術法です。

内視鏡を使用した手術で、創が小さく術後の回復が早いなどのメリットがあります。手術による疼痛のリスクや再癒着を防ぐため、手術直後からのリハビリがとても重要になります。

四十肩・五十肩は、手術を受ける受けないにかかわらず、当院で行うようなリハビリが必ず必要になります。

※ご視聴の際は、音声が出ますのでご注意下さい。動画はイメージです。実際の手術とは異なります。

沖縄めがね先生の整体は

ボキボキしない痛みのない整体です

整体という痛みを我慢してボキボキと関節を鳴らして調整するというイメージはありませんか?

ボキボキと強い負荷をかけて背骨や筋肉を整える整体もいいと思うのですが、強い刺激で施術前よりも悪くなったという話も聞きます。

当院の整体は、あなたの痛めている肩の状態に合わせて、科学的根拠に基づいた痛みのない整体で肩関節やその周りの筋肉を整えます。

肩疾患患者への肩甲骨モビライゼーションは,肩 ROM,肩甲骨上方回旋角度と肩関節 機能に対し,即時的な改善を示す。

肩痛患者に対する上肢挙上 mobilizations with movements(MWMs)は,治療直後に ROM と圧痛閾値が有意に改善する

伊藤俊一 :徒手的理学療法 診療ガイドライン

再発予防のアドバイスを致します

首と肩甲骨を動かし、整体で体の軸を整える

日中は体の軸を意識した姿勢が大事です。理想は重力に対して垂直で、体の軸が整っている姿勢です。頭の重さは4kg程度ですが、7cm前にお辞儀をしただけで、20kgの負荷になります。悪い姿勢をとると、筋肉に負担がかかります。血流が悪い状態がコリで、神経が締め付けられると痛みになります。

とはいえ姿勢だけでは、肩の障害は防げません。首から肩の部分を動かすことも大事です。

現代人は体を固定している時間が長すぎます。1日1回、上を見上げたり、指をさすり伸ばすだけでも、首や肩のストレッチになります。体が硬い状態で床に落ちたものを拾うなど、負担がかかる姿勢をとると、肩の障害や腰痛に発展しやすいので注意が必要です。

当院の整体をしていきますと、あなたの肩の痛みや不調が楽になっていきます。ですが、それを維持するためには日常生活を見直す必要もあります。

あなたが日常生活をどのように送っているのか?どのようなことを注意すればいいのか、家でもできるちょっとした体操などもアドバイスをしていきます。